Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

狩人のAFクエスト2「火の部族」。

こんにちは、Chiloloです。

昨日ようやく『アルタナの神兵』を予約しました。
実はずっと迷ってました。買わずに引退ってのもありかなぁと。

なにげに検索してセブンドリーム・ドットコムに辿り付きまして。で、商品説明がトップにあって、「15日までに予約したら22日の7時受け取り可能」なんて書いてるの。慌ててクリックしちゃいましたよ(笑)

ってことでセブンドリームで予約するなら今日までが発売日受け取りです。
#といってももうすでに今日も終わりしょうですけど(笑)



今日は雑記の詰め合わせです。

先日狩人のレベル上げの話で、AFをそろそろ取りに行こうと思うといいました。有言実行、ってことでさっそく行ってみました。

わたしの記憶では……、オズトロヤ城の内部でスカベンジする、ってところからだった気がします。ってことで早速赤/狩でオズトロヤ城へ行きました。

レバーの答えがあるところ、こんなとこ登れちゃう!

上のSSですが、こんなところ上れるんですね。知りませんでした(笑)

まあ、そんなこんなで扉を開けて問題の泉に。で、スカベーンジッ!

今必殺のスカベンジ

な、何も出ないだとー。このあと何度か試しても出てこない。
で、名探偵Chilolo発動!いくぜ、名推理!

というか、単純にオズトロヤの前、ウィンでミスラの族長と話すところやってないんだなぁ、と思ってウィンダスへ。

で、件の族長と話してみると……、オズトロヤに行けっていわれた!なんだとーっ!
FF11狩人専門サイト様のAFクエストのところを見てみると、

「ただし、必ず掘り当てられるわけじゃないので注意」


ってことでめんどくさくなって終わりました。またいずれ(笑)



今日で終わってしまったイベント、現代水晶大戦。

HQ眼鏡を取りました。正直めんどくさかったけど……。
ちょうど上のウィンダスに行かなくてはならなかったってのとあわせてやりました。
残り1個のところでNM撃破して取ったので23個渡したことになります。

まあ見た目は全く変わらないのでがっかり(笑)
色違いとかにして欲しかったなぁ、そうしたら両方取っておくのに。

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*シ:75*召:71*狩:56*白:49
*革:100*調理:60*錬金:57*裁縫:53*彫金:41
*木工:39*鍛冶:36*骨: 4*釣り:35

JUGEMテーマ:FINAL FANTASY XI
| 狩人 | 21:56 | comments(0) | trackbacks(0)

ひさびさに狩人上げレベル54→56

こんにちは、Chiloloです。
いいかげん寒くなってきたので、見た目だけでも暖かく、をコンセプトにブログのカラーを変えてみました。水色は寒い感じがしたので(笑)

ヒマでボーッとしていると、友だちが吟56で希望を出していました。
「わたしは狩54だが?」
と告げるとじゃあ一緒に来い、なんていうので久々にレベル上げに行きました。

わたしの狩人ですが、ほとんどを三国ENMで上げていたのでレベル上げ経験はかなり少ないです。その上、レベル54でやるのは初めてで装備は何を持っていけばいいかさっぱりです。

とりあえず倉庫を覗いてみると、シアー系一式、ジャリダ系一式があったのでこれを持って行きます。武器はどうせ殴らないのでホーカーナイフでいいや、遠隔は30装備しかなかったので友だちに頼んで弓を買っておいてもらいました。ウォーボウのHQです。

編成:忍モ侍吟赤
狩り場:ワジャームのLesser Colibriレベル63-65

ワジャームの(I-7)付近、アルザビから出てすぐ近くというポイントで狩りを行いました。
全然パーティー組めてない、なんて話を聞きました。やっぱりレベル上げをする人は減ってきてるんでしょうねぇ。もうすぐ新ジョブで溢れ返るかも知れませんけど。

久々のレベル上げ、そしてこのレベル帯で狩人をやるのは初めて、とはいえやはりやりなれたレベル上げという行為ですのでまあ特筆すべき問題もなかったように思います。
#ときどきタゲを取っちゃったりするけど(笑)

撃て撃て撃てー!

レベル55になって、サイドワインダー解禁となってからは調子に乗りすぎて何回か死にそうになりました。狙い撃ち>乱れ撃ち>サイドワインダーで倒しきれず張り付いたりとか。まあかなりわざとやってましたけど(笑)

侍さんは強いな、という印象を受けました。自分がサイドを使えない状況だと中盤以降は侍にタゲが張り付いてる印象です。途中、両手刀ではなく両手槍を振っていたのですが、さすがというかペンタの威力は異常ですねぇ。サイドと同じかそれ以上のダメージが出てたように見えました。わたしの装備が貧弱なのを引いても同等くらいじゃないかなぁ?
で両手刀に変えるとちょっと弱め。明らかに殲滅速度も違った感じです。
#むしろ湧き待ちが結構あったので遅くなっても困ることはありませんでした。
と、印象だけで書いてみたのですが実際repで見てみると、侍のペンタは250〜850くらいの間で幅がありました。すっごい高ダメージバンバン出てる、ように見えてたのですが……。サイドは700〜900くらいで安定したダメージなのですが、命中率が8割ちょっとと少し下がります。安定度も考慮するとやっぱり侍のが全然上って感じですね。

前衛が4人、しかも高火力ということ、さらにレベルがサクサクと上がるので狩りの中盤以降はちょっとしたメリポみたいな狩りでした。

実はそんなにじっくりと時間を取ってやった狩りではなかったと思うのですが、矢を99本×6セットとちょっとくらい使いました。いやー銭投げますねぇ狩人は。
なんかもうちょっと見合った強さがあってもいいかなぁ……なんて少しだけ思いました。
#サイドは今でも十分強いですけど。といってもこのレベルだから……かも。

repで確認してみたら、総与ダメージは侍>モ>狩>忍でした。タゲ取らないように相当気を使ったからこんなところかなぁー。前衛の立ち位置で殴れないので気を使いますねぇ。

で、なんだかんだで2レベルアップです。サクサク上がりました。

そろそろ、AF揃えないとダメかなぁ。
実はAFクエスト1でめんどくさくなって止まってます(;´∀`)b

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*シ:75*召:71*狩:56↑*白:49
*革:100*調理:60*錬金:57*裁縫:53*彫金:41
*木工:39*鍛冶:36*骨: 4*釣り:35

JUGEMテーマ:FINAL FANTASY XI
| 狩人 | 08:41 | comments(0) | trackbacks(0)

狩人48→51、流砂洞に篭もる。

こんにちわ、Chiloloです。

土曜日は狩人上げに行きました。
月曜日に書いた記事ですが日曜日の日付でエントリーしています。


いつもよりもやや早めの時間に希望を出してました。
狩人レベル48、2000ほどで次のレベルになります。
希望を出しているとフレのネギさんから

「吟遊詩人48です!」とtellが。

サーチしてみると、サックリとパーティーが作れそうだったのでネギさんをお誘いしてリーダー開始です。

構成:忍戦吟赤白、レベル47-49

狩り場は独断で決めず、相談しながら西アルテパ(J-9)から入る流砂洞にしました。サーチしてみたらパーティーはいなさそうだったのでこれは美味しく稼げそうです。

獲物:流砂洞Helm Beetle(55-58)、Antica族(56-59)


移動してみると、そこにはソロ中の青魔道士さんが。三国ENMなんか一緒にやってるすてらさんでした。

「うわーごめん、いると思ってなかった(ノД`)」

「おじゃまだと思うから帰りますー」

ひぃー、ホントにごめんなさい。

そんなこんなで譲ってもらう形で狩り開始です。

流砂洞での狩り開始

誰もいなくなった流砂洞でモリモリと狩ります。
入り口から道なリにきて最初の広場手前に陣取ります。
広場と、後ろの通路からカブトやアリなんかを釣って狩っていきます。

連携は特に決めなかったのですが、わたしが射撃、戦士さんが片手斧。
これだと有効な連携がない、との判断か、戦士さんが両手斧に持ち替えてました。

スプリットショット>アイアンテンペストの湾曲。

強くはないけどこれしかできないし、といったところ。
強い弱いじゃなくて、なんか連携がぼわー!って出るのが楽しかったのでこれでいいんだと思います。

うっかり忍者さんのWSに合わせて
凍>スプリットショットで分解がでちゃったり。


途中でパーティーが後ろに陣取ってました。

「後ろおかりしまーす」

わたしもどこかでキャンプがぶつかったときはこういいます。
でも先にやってた方としては「イヤでーすw」って言いたいよね・・・(笑)

ここではそんなビシビシとプレッシャー与えるほど獲物が枯れてたわけじゃないので、気にせず続けてました。
途中でそのご一行は奥へと行ってしまいました。少し奥にキャンプはるんでしょうね。

またまたしばらくすると、また後ろにパーティーがきました。
昔空LSで一緒だった人がいて、その人はナイトをやってました。

顔なじみとはいえ、釣りは遠慮しないぞっ!
という勢いでボンボン釣って倒して釣って倒してしてました(笑)

レベルが上がって50になりました。いよいよバス銃がいい感じに強いレベルです。
先週ちょうどバストゥークが1位だったので戦績と交換して用意してました。
でも弾もってくるの忘れちゃった・・・。がっくり。

戦士さんが積極的にアシッド撃ってくれる人だったので大失敗だったなぁと思ったり。

LSでそうこぼすと、「スラッグ撃てるようになってからでもいいんじゃない?」とのこと。
なるほどー、確かにそうかも。
金の節約にもなるからそうしようかなぁ・・・。っていうと真面目な狩人の先輩には怒られちゃうかな?(笑)

残り時間も1時間くらいになったところで、anonの一団が到着し、獲物のいる部屋の中でぼこぼこと狩り始めました。
ああ、業者ですねぇきっと。

住みにくいヴァナ=ディールになったものだ、とその光景を眺めながら、脳内で彼らの姿をフィルターして狩りを続行。

残り時間わずかのところで女帝を使い、滑り込みでもう1レベルアップしました。
ということでレベル51に。

うーん、たっぷり稼ぎました!満足満足。
付き合ってくれたネギさん、どうもありがとうでしたっ!

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:68*シ:65*狩:51↑*白:49
*革:96*調理:60*錬金:57*裁縫:53*木工:39
*鍛冶:36*彫金:27*骨: 4*釣り:35
| 狩人 | 23:59 | comments(4) | trackbacks(0)

狩人42→44、西アルテパ山篭り。

こんにちわ、Chiloloです。

フレにメリポに行かない?と誘われたのですがちょうど晩ご飯の時間だったので、戻って組んでなかったらと返事をし離席。戻るとその方はすでに誘われていました。さすが吟遊詩人。4メリポ稼いだーとのこと。うらやましい(笑)
ってことで(?)今日は狩人上げです。



この日は運良くアタッカーで希望を出してるのがわたしだけだったのですぐ組めそうな気配でした。
赤白で希望をだしてる人がいなかったのでリーダーするかしないか迷ってるところでお誘いがきたのでパーティーイン。
リーダーは赤魔道士でした。

ここ最近水着召喚士や、前衛ばかりのパーティーと苦労していた狩人上げ。今日はすごく真っ当に稼げそうな予感です。

構成:忍コ赤黒黒、レベル41-42

ちょうど前日の雑談で、コルセアは40からエボガーズロール覚えるからよく誘われるなんて話をしていたのを思い出しました。リフレもあるし、後衛はMPが余りそうな感じがします。大変なのは忍者かな?

狩り場は西アルテパの中央部にある山周辺でカブトムシ狩りです。
44まではここ、という定番コースかな?

こう見ると割と特殊な構成なのかも?

SSを見ると割と変わった構成だったのかなぁ?と思います。
カブトの近くにいるのは忍者一人。
#ときどきコルセアさんも殴ってましたが。

ちょっと離れてコルセア、そしてわたし。
さらに前衛から離れるように赤と黒2人。これがこの構成での戦闘配置です。

スロウにコルセアのアースショットを重ねても、ヘイストがないのでなかなか蝉は回らなかったようです。
わたしががんばってタゲ取れればいいのですが、だいたい黒魔道士さんがタゲ取ってました。

黒がタゲもっちゃう>蝉張りなおさないうちに挑発>被弾でタゲ剥がれる

なんて場面もちらほら。乱れ撃ち使えば(そして当たれば)タゲを掴めるのですが、リキャストの都合とかでなかなか上手くいきません。
とはいえ、黒と狩でゴリゴリと押しちゃえば倒せちゃう構成なので大きな崩れではありませんでした。

見てて大変そうだなぁーという感想でした。

レベルアップ、44へ。

快調にレベルアップ。
ホントここ数回のレベル上げを思い返すと、こんなに順調でいいのかなぁ?って感じ(笑)

repを見てみると、自身の射撃の命中率は90%でした。
シーフの物理でもこんな数字出てないのですごい満足。
ハンターズロールのお陰ですけど!

もう一つ。repを見て意外だったのが、コルセアさんの与ダメージが割と大きかったこと。正直この構成ならコルセアさんあるいは黒魔道士を一人外して他の前衛アタッカージョブのがいいんじゃないのかな?と思ったのですがイヤイヤ全然思ってたより強かった!
3時間半くらいの狩りで与ダメージが、わたしが5万くらい、2位の黒さんが3万6千、3位が3万2千くらいでした。ギルの飛び方はハンパなさそうですが、コルセアも意外と強いんだなぁと思ったのでした。
忍者さんは2万5千くらいでした。このレベルの忍者はきついですね。
でも相当タゲを持っててくれてたのですごいなぁと感心してました。

レベルが2つ上がり、レベル45まであと500くらいのところで本日は終了。
残りは今日三国ENMで稼ぐからいいやーってところです(笑)

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:68*シ:65*白:49*狩:44↑
*革:96*調理:60*錬金:57*裁縫:53*木工:39
*鍛冶:36*彫金:27*骨: 4*釣り:35
| 狩人 | 11:23 | comments(0) | trackbacks(0)

狩人40→41、ヒミツroom。

こんにちわ、Chiloloです。

昨日は狩人上げに行ってきました。
狩人レベル40になったのですが、ここからがきつそうです。
ホントメリポブームなお陰で人がいないのです。ちょっと乗り遅れるともう絶望的にパーティーは組めなさそうなのです。
なので準備も余念がなく、前日のうちに全ての装備を整えてあります。



とはいえ、帰宅時間ばかりはどうにもならない罠。

とてもパーティー組めそうもない状況だったのでぼんやりしていたら、唐突に


クロウラーの巣ok?


とtellと同時に誘いが。迷うことなく入ります。
水着召喚士が頭をよぎりますが、ここは贅沢いってられません。
今のわたしは経験値に貪欲なのです。ドンヨクマンです。

入ってみるとリーダー以外は日本人。最後に英語圏の方が1人入りました。構成は、

ナ忍モシ吟、レベル40-42

ま、まさに寄せ集め!(笑)
モンクさんとナイトさんが英語圏な方。
#といってもナイトさんはどうも日本語が通じてる節があった・・・。

ホントならナイトさんにサポ白にしてもらって、ってところですが当然通じないだろうし、それならオレは抜けるよと言い出しかねません。
ってことでわたしがサポ白にします。メロンを買ってジュース絞る準備も万端。

たとえこのパーティーで稼げる可能性が低くてもがんばりたいのです!
なぜならドンヨクマンだからですよ!
#抜けても他で稼げるわけじゃないしなぁ・・・ってのが8割(笑)

移動中、ナイトがmain tankかい?とかいうリーダー。

tankは確か盾のことだよなぁ・・・。
ここは忍者さんがなるべく盾やってサブ盾がナイトかなぁ。と一生懸命英語で言ってみる。


main tank is忍者, 危険sub tankナイトis surport忍者


なんつうかテキトーすぎる(笑)
ギリギリ通じたようですけど。

わたしがこう発言したせいか、こいつは英語通じると思われたようで。
このあと裏tellで


キャンプはどこがいいんだい?


とか聞いてくるリーダー。
多分「ドーナツ広場入り口」とかいっても通じないだろうなぁ・・・。
あそこにある分かりやすい目印・・・。


do you knowヒミツroom?

ok i know


通じた!やればできるもんだ(笑)
クロウラーの巣について、メンバーの一人がリーダーに


where base camp?


と聞きました。で、答えが


ヒミツroom


わたしが言ったまま返した!(笑)
もうヒミツroomは我々の合言葉ですね!(違)

ヒミツroomには1パーティー先客がいました。その後ろ側を借りて狩りをします。
こちらは構成上イモムシしか狩れないでしょうし、向こうはトンボも狩ってるので問題はないでしょう。

獲物:クロウラーの巣Soldier Crawlerレベル47-49

1匹狩ってみると経験値130。
ちょっと物足りなくはありますが贅沢はいえません。

ヒミツroom周辺に3pop、ドーナツ広場入り口辺りに3pop、さらに入り口からドーナツ中央部のエクソレイがいるところに向かう途中くらいに2か3くらいpop。
おそらく8匹くらいがここのpop枠だと思うのですが、それを入り口にいたパーティーと取り合いです。
ちなみに入り口にいたパーティーもイモムシ専門。

当然すぐ枯れるわけです。でちょっとトンボもやってみる?といい手を出してみたが運の尽き。
あっという間にHPが真っ赤に。
でナイトさんが崩れ落ちます。とりあえずそこで倒せましたが。

このナイトさんが、危険になっても挑発はしない、ケアルもフラッシュもしない、死んでる彼のMPは満タンなわけでして。
当然不満が吹き出ます。当の本人は死んだ瞬間に

afk

といってどこか行ってしまいます。
#afk=away from keybord だったかな?キーボードから離れるよ、転じて離席ってこと。

近くにいたパーティーにレイズしてもらうころにはちゃっかり戻ってたり。
で、ここでわたし彼が英語圏な人だというのを忘れていてですね、このあと
「やばそうならケアルしてねー」とか「挑発も使っていいからねー」とか言ってたのです。日本語で。

そういうと一瞬だけ動きがよくなるんですよねぇ、不思議だなぁ(笑)

しばらくして、さようなら。といってどっか行ってしまったのですがみんな「まあいいやw」って気持ちだったようです。

さてここで補給人員が選定されるわけですが、やってきたのはエルシーフ

構成:忍モシシ

状況は好転せず(笑)
シーフさんはモンクさんと友だちのようで、英語で色々喋ってて急に賑やかになりました。
ところどころ意味がわかるのですが、さすがに日本人向けに分かりやすい英語使ってるわけじゃないので全部理解はできませんでした。

前衛だけでもがんばる!

このシーフさんが

oooo 485 dmg!


とイチイチ自分の出したバイパーのダメージを報告するのが面白かったです(笑)
もう一人のシーフさんに張り合ったりして。レベル2も最初からいたシーフさんのが上なんですけどね。


今の480ダメージはまあまあだぜ。


というので


yah cool


と返しておきました。多分嬉しそうでした(笑)

このあと英語圏のお二人がレベル上がるまでやって日本人チームは離脱。
結構遅い時間になってたのですが、「@600なんだ、頼むよ」といわれ渋々と延長(笑)

結局6〜7000くらい稼いだのかなぁ?時給は3000くらい。
この構成にしては良くがんばったと思います。
ナイトさんを除いては、ふてくされることなくがんばったパーティーメンバーのお陰ですねぇ。
みなさん、お疲れさまでしたー!

人に花火を向けてはいけません。

ヒミツroomのまん前にきたエクソレイ。
花火をぶつけて追い払いました(笑)

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:67*シ:64*白:49*狩:41↑
*革:96*調理:60*錬金:57*裁縫:53*木工:39
*鍛冶:36*彫金:27*骨: 4*釣り:35
| 狩人 | 12:03 | comments(4) | trackbacks(0)
 | 1/4P | >>
Taru-f/F5a
* CALENDAR
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.