Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

続・ブラオの会、8回目。

アルザビの辺民街区はいつものように人々の熱気で溢れていた。
辺民街区の中央、噴水のある美しい広場からみて北西にある競売所は、この中でも特に熱気と活気で満ちている場所の一つだ。

友人が競売所にある、取引履歴を見ながらブツブツと呟いている。
彼女は元がシーフであるためか、最近はシーフでいる姿を見なくなったが、こういう金銭に関わる場所では何かと嗅覚が働くように思う。

「クロマ取り行こうか?」
不意にこんなことを言い出す。
「まあ、欲しいけどさ。」
「今ね、クロマ鉄鉱は高値で取引されてるよ。狙い目狙い目♪」
すでに彼女の頭の中ではクロマ鉄鉱を売りさばいた後、手にしたギルを何に使うかなんてことまで考え始めてるに違いない。
ご機嫌な様子で鼻歌まで歌い始めているのがその証拠だ。
わたしは、そう簡単に出ないと思うよ
と言いかけたのだが不吉なことは口にしないことにした。
そう、何事も信じていれば良い方に転がる、そういうものだと思うのだ。

知り合いにあたり必要なメンバーを揃え、総勢5名で怪しげな特殊任務を受ける。
Shajafと名乗る男は、わたしたちに皇国軍戦績と引き換えに黒の書というものをくれる。
彼がどういう人物かは分らないが、この黒の書は高位魔文字が記されている機密指令所である。
わたしたちはこれを持って目的となる場所に赴けばいい。
そうすると、魔文字でかかれた文章、いわゆる魔法の一種、が反応し、任務の場所への封印を開いてくれる。

ナシュモの町から西に出て、タラッカ入江に向かう。
かつて近東の海に名を馳せた勇猛な海賊たち「コルセア」の滅亡の地とされるタラッカ入江。わたしたちはここに巣食うオロボンという魔物を退治する任務を受けた。

本来なら海底に生息し、一部の漁師たちと食通(この魚は大変美味なのだ)しかその存在を知らない魚なのだが、タラッカの入江の奥、封印された場所では浅瀬までやってきて、しかも同族の他種に比べより強暴になっており、多くの皇国軍に属する青魔道士たちが犠牲になっているらしい。
自国の兵士を使うくらいなら、一介の冒険者たちが犠牲になる方がマシであろう、という判断なのだろう。
上手く倒してくれれば儲けもの、仮に倒せなかったとしても皇国軍に影響はないのだから。

わたしたちが立てた作戦は実に単純で分かり易いものだ。
赤魔道士、先に紹介した鼻歌の彼女、がヘビーの効果を与えるグラビデの魔法を使用する。
わたしを含む残りのメンバー、全員黒魔道士なのだが、一人一人が持てる力を最大限に使い精霊魔法を撃ち込む。
この戦術は最初に冒険者が使い始めたもので、今では広く特に黒魔道士の間で愛用されている戦術だ。

だが、シンプルな作戦をもっても、実戦がシンプルになるとは限らない。それが冒険というものだ。

「相手の強さ、ちょっと見くびってたかもねぇ。」
そんなことを呟く。たまたまそれを近くで聞いていた赤魔道士がそれに答える。
「まあ・・・、なんとかなるでしょ!」
彼女から癒しの魔法、ケアルが飛んでくる。それも高位のケアルだ。
つまり、ボロボロにされたのは敵ではなくてわたしだった。

───────。

その戦いは順調だった。
各々が如何なくその力を発揮し、もう怪物の体力も半分くらいは削ったのではないだろうか。
怪物に狙われたものは迷うことなく逃げる。ヘビーの効果を受けている怪物はそれを追い切ることはできない。
そうして、追いつけない獲物に気を取られている怪物に、背後から別の者が精霊魔法をぶつける。
そうすると怪物は、怒り猛りながらその精霊魔法をぶつけた相手に目を向け追いかけ始める。
わたしたちはこういったことをただ淡々と繰り返していた。
「これは楽勝だね!」なんて笑顔もこぼれる。そう、確かな手ごたえを感じていた。

だが、怪物の生存本能だろうか。
そう、多くの野生生物がそうであるように。彼もまた生き残るための切り札を持っていたのだ。

突然海が荒れ、渦を巻き始める。
その渦はドンドン大きくなり、そして信じられないことにまるで竜巻のように巻き上がりながら動き出したのだ。
オロボンの怪物は、それを尾びれで少し叩く。
すると、その渦はまるで、狩人が使う強弓で放たれた矢のように真っすぐ、そして物凄い勢いを持って私に目がけて飛んできたのだ。

これがこの怪物の切り札、渦潮と呼ばれる技だった。
わたしにぶつかった渦潮は、激しい衝撃を与え、さらにはわたしの身体を巻き上げ上空に放り投げる。
渦に巻き込まれてる小さな貝殻等で皮膚を切り裂き、そして放り投げられたわたしは、成す術もなく地面に叩きつけられた。
頭に響くような、ボキッと鳴る鈍い音。致命傷であった。

幸いなことに、身につけていた「蘇生の髪飾り」の魔力でわたしは生死の淵より舞い戻ることができた。
身体に受けた致命的な怪我もその魔力により修復されている。
死にかけたことによる拭えない疲労感を除けば万全、これも時間をかけて少し休めば良くなるだろう。
「この痛み・・・、倍にして返させてもらうけどねっ!」

───────。


「しかし、あんな大技があるとはね。」
「伊達に皇国軍が苦労させられる相手じゃない、ってことだねぇ。」
怪物討伐後、そこを捜索したところ宝箱があった。
それを回収し、わたしたちは一時の休憩をとっていた。
「しかしねぇ・・・。」
「ねぇ・・・。」
わたしたちは箱の中身を見つめ溜息をついた。

わたしはあの時、予感していた。
「そう簡単に出ないよ」って。
5匹の魔物のような強さを持つオロボンを退治し、得られた宝箱が5個。
まさかそのどれにもクロマ鉄鉱が入っていないとは・・・。

「まあ渦潮なんて大技喰らえただけ良い経験じゃない?」
赤魔道士の彼女はそんなことをいって笑っていた。それにつられみんなも笑いだす。
「そんな経験・・・したくないっ!」
わたしも笑っていた。

たとえ得られたアイテムが少なかったとしても、わたしたちはこういう他愛のないことで笑いあえる。
だから冒険は楽しいのかもしれない。
続きを読む >>
| トレジャーハント | 21:34 | comments(2) | trackbacks(0)

「喜ばしきもの」。

物事には、多かれ少なかれ因縁というものがある、とわたしは思うのだ。

たとえば、今わたしと親しくしてくれている友人たちとわたしの間には何らかの因縁があるのでは、と思う。全くソリが合わない人ともそうだろう。ソリが合わない因縁があるから、と考えるのだ。
そして、それは何も人と人の間に限った話ではない。人と物、あるいは人とモンスターにも少なからず因縁というものがあると思うだ。



わたしにとって、縁がないものというのもたくさんある。
たとえば・・・。そうだ、ムバルポロス旧市街にギャンブルをするゴブリンがいるのをご存じだろうか?
賭けに勝つとムバルポロスの奥に飛ばしてくれるゴブリンだ。

わたしとあいつの関係はトコトン悪い。
ある日などあいつに十数万ギルをむしり取られ、その上移動費だといってさらにギルを取られた。
正直いってわたしはああいう輩は嫌いだ。足元を見る、というのはああいう輩のことをいうのだ。
しかもそのあと奥にあるバトルフィールドでこっぴどい目にあったのだ。もう2度とあそこに行くことはないだろう。

そういうものがノートリアスモンスターにもあるとわたしは思っている。
西サルタバルタにTom Tit Tatというマンドラゴラのノートリアスモンスターがいることをご存じだろうか?
わたしはたまたま通りがかっただけであいつに10回近く遭遇している。
もちろん、縁とはまた違った理由で出会うことのないノートリアスモンスターも存在する。
竜のねぐらにいるFafnirやNidhoggといったモンスターがそれだろう。
会おうと思えば会えるのだろうが、あいつを倒すための仲間がわたしにはない。
そういった理由で会う必要がないモンスターだ。

しかしどんなに会いたい、いや倒したいと望んでも倒せない、そしてお目にかかれないアイテムが存在する。
そこにわたしは目に見えない力、ここでいう因縁というものを感じざる得ないのだ。



わたしはある日、友人からとある連絡を受けた。
それは、ノートリアスモンスター討伐の報であった。
わたしは素直に彼に賛辞の言葉を贈った。
そしてそこで、わたしはそのノートリアスモンスターの正確な討伐時間を知ることになった。

ノートリアスモンスターと出会う上で重要なことの一つは時間だ。
もちろん偶然に出会うこともあるが、時間を知っていれば次に現れるタイミングを計ることができるのだ。これほど重要な情報はないだろう。

わたしは、半ば諦めていたそいつを倒すべく準備を進め数日を過ごした。

親しい友人にその旨を話し助力を要請した。
そいつはわたし一人では到底倒すことのできない相手なのだ。
わたしは正直にいうと、自分の都合で人を集め、こういったことを協力してもらう、という行為が酷くニガテだ。
世界は一人でできないことが溢れ、こういった小さい協力関係こそ大きなそして大切な要素だというのは理解している。だけどそのことで仲間の大切な時間を奪うことが、どこか許せないのだった。

しかし、今回ばかりはそれを押し潰してお願いをした。
はっきりいってしまうと、重要な情報である時間を知ったことでわたしは欲が出てしまったのだ。

そして、その日から約8日ほどが経過した。
情報が確かであるならそのモンスターはそろそろ姿を現すはず・・・だった。
しかし一向にその姿を見せない。
疲労困憊だったわたしたちは一度その場を解散することになった。
こればかりは仕方がない。なによりわたし一人の力ではどうすることもできないのだから。

わたしはこの場にとどまり、次に討伐される日にちを観測することにした。
仲間と別れ一息ついた・・・、そのとき!

目の前にはそのノートリアスモンスターがいた・・・。


わたしはこのときほど大きな因縁を感じたことはなかった。

また・・・、まただ・・・。

そう。わたしとこのノートリアスモンスターは縁がない。そういう因縁なのだ。

そこまでは頭では理解できていた。しかし。
一度開いてしまった欲望の扉をわたしには閉じることができなかった。

あと一歩だったんだ・・・。ホントにあと一歩。
その無念さがなお、わたしを諦めたくないとそういう気持ちにさせていた。

それから・・・。わたしはその場にさらに8日間とどまることを決意していた。



8日、9日、10日と経過していた。

8日には現れるはずのそいつは一向に姿を見せない。
前回、そのノートリアスモンスターを討伐させた一行が目の前で黙々とそのときを待っていた。
残念ながらわたしの仲間たちは今この場所にはいない。それどころか連絡すらつかなかった。

11日、12日が経過。
先ほどまで待機していた連中は諦めたのか各々散っていった。
今この場所には、わたしと同じように討伐される時間を調べているのであろう者が数人だけだった。

12日が経過した以上、現れるのは時間の問題だった。
少なくともそれほどまでに遅く現れた、という報告はほとんど聞いたことがなかったからだ。

そんなことを考えていると友人の一人から連絡が入った。
一体そんなところで何をしているのか?と。
わたしは事を簡潔に説明した。するとその友人は来てくれると、さらに手の空いている友人を連れて来てくれる、というのだ。
わたしはその心遣いに感謝した。そしてその場で彼らの到着を待つことにした。

この間に、先に討伐を手伝ってくれた仲間、そして同じリンクシェルを持つ仲間が集まってきてくれた。
総勢6人となったわたしは今か今かとそのときを待った。
実はわたしにも別の都合がありもうすぐこの場を離れざる得なかったのだ。

時間的には、そろそろ戻らなくてはならない・・・。

頼む・・・、わたしの前にその姿を現せ・・・ッ!

そして次の瞬間!そいつは、目の前に、いた!

vs Charybdis

死闘、などではなかった。
わたしのためにこれだけの人が駆けつけてくれたのだ。あっさり勝利して当然だった。

おめでとう!よかったな、と皆がわたしに声をかけてくれた。
わたしは素直に嬉しかった。ありがとう、と言葉を返す。

わたしの手には、青い刀身を持つレイピアが一本。その名は「喜ばしきもの」という意味を持つ。

長い長い時間をかけ、そして仲間たちの力を借りて一つの因縁をようやく断ち切った。わたしにとってそれはそれは、喜ばしい瞬間だった。

ねんがんの ジュワユースを てにいれたぞ!

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*シ:71*召:71*狩:54*白:49
*革:100*調理:60*錬金:57*裁縫:53*彫金:41
*木工:39*鍛冶:36*骨: 4*釣り:35
| トレジャーハント | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0)

盗賊のナイフを取りに行こう!

こんにちは、Chiloloです。

一時は高嶺の花だった「盗賊のナイフ」ですが、すっかりとその価格も下落しました。

ちょっと前まではNM張り付き業者との戦いだったようです。
そしてバージョンアップ直後は、「盗賊のナイフ」のトリガーを求める人でごった返してたウガレピ寺院。

今日はそんな、ウガレピの今に迫ります。
#というほど大仰なものじゃないですけど・・・(笑)



舞台は旧NMポップ場所のあるMAPです。

簡単に行き方を説明すると、まずはテレポヨトでもしてヨアトルへ。
正面の入り口から入ると、左手にすぐ扉がありますのでそちらに進みます。

その先、一度ヨアトルに出て右手側にもう一つ入り口があるのでそちらから再度ウガレピへ。
そのエリアが、NMトリガーのアイテムである「怪し火のランタン」を出すモンスターがいるMAPとなります。

対象となるのはシーフタイプトンベリのTonberry Pursuer。らしい。
らしいと書くのは・・・、NM取り合い時代と同じくドロップが悪いから。
でも多分シーフタイプで確定でしょうね・・・。

フレのQさんという方がいます。
メインシーフだと言い張るので多分そうなんでしょう。
#メリポで武器スキルは格闘8段階上げてるんですけど?(笑)

さて、そろそろナイフ欲しいなという声を受け取りに行ってきました。
#自分の分も欲しいのでギブアンドテイクってやつです(笑)

なんだかんだで集まったわたしを含め4人でTonberry Pursuerだけをチョイスして倒していきます。
POP位置はやりながら確認し、一応全部把握できました。
数は限られているので、数人で行けば容易に確認できると思います。
というか、自分の分はまだ取ってないので明かせません!(´Д`;)

で、このときのライバルはソロの人が数人ってところでした。
しばらくすると独占といった感じでした。
バージョンアップ直後は大混雑だったようですけど、すっかり沈静化してます。
もう2週間くらい経ちますしねー。

トリガードロップ!

所要時間:3時間

ってことで無事ドロップです。
助っ人の一人がナイフ持ちのシーフさんでしたのでそのお陰?

#翌日3人で4時間やりましたがドロップしてないのでかなり運ですけど・・・(´Д`;)

これがウワサのナイフNMです

で、トリガーをトレードしてNMと戦闘です。
ぶっちゃけこのNMは弱いです。ソロでも勝てるんじゃないかな・・・。

で、ナイフの方は無事ドロップです。
ウワサでは100%だそうです。
トリガーのドロップが悪い分、出る物は出てくれないと困るわけで。
難易度はトリガードロップ率で調整してるアイテム、といえると思います。
#これにNM後のアイテムのドロップ率が低いと最悪な部類になるんでしょうね。

これがナイフだ!

ってことで無事Qさんがゲット。おめでとう!
いずれわたしの分も欲しいなぁと思いつつ、競売で10万くらいになってる現状

「3、4時間がんばるくらいなら買おうかなぁ」

と思ってるわたしもりるのでした(笑)

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:70*シ:68*狩:54*白:49
*革:98*調理:60*錬金:57*裁縫:53*彫金:40
*木工:39*鍛冶:36*骨: 4*釣り:35
| トレジャーハント | 18:29 | comments(2) | trackbacks(0)

ひさしぶりの白虎戦。

こんにちは、Chiloloです。

日曜日、お手伝いで白虎と戦ってきました。



なんやかんやと、20名くらいでしょうか、が集まりました。
フルアラオーバーなので、途中で倒れた人は入れ替える、という作戦のようです。

印象に残ってること。
・ナイトが2人いて盾だったこと
・サポ召が3人いて真空回しをしていたこと
・自分は黒、黒は3、4人だったこと
・アタッカーに青魔道士がいたこと
・狩人さんは1人だったこと

このくらいしか印象にありません。
トリガー持ちの方が1つ優先で、他は希望1つにロットして欲しいとのことでした。
ドロップがよければベヒ皮か、はたまた白虎印章を持ち帰ってリンバス部で麒麟をやるか。
色々と妄想はふくらみます(*´д`*)

印象に残った言葉。
「12人でも勝てるから楽勝だよね」的な会話。

大暴れの白虎さん

はい、全滅でしたー(ノД`)

ナイトがダメージを喰らい始めると早々に崩れました。
2人が戦線から離れると後は雪崩形式でした・・・。

とりあえず粘ろうと色々声を出してみます。
スタンしようとか、スリップだけは入れていこうとか、印バインドで足止めして、とか。

どれもこれも決定的に立て直しを計る手段とはなりませんでした。

以後、白虎をやるとき忘れてはいけないこと。
・アフェリオットをぶつけること

アフェをぶつけることで、追加ダメージを無効化、つまりは弱体できるアイテムなのですが、これを使っていなかったそうで。
弱体アイテムがないだけ、とはいえ20人でも瞬殺してしまうのはさすが白虎、というところでしょうか。

昔取った杵柄、とはいえ何度も戦った相手にこうも簡単に倒されるのはやっぱり落ち込みますね(笑)
「あぁーわたしがいながら負けてしまうとは・・・」みたいな。

もし次、白虎と戦う機会があるなら絶対逆に伸してやろう、と誓った日なのでした。
#まあやる予定はないけど(´―`)

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:69*シ:67*狩:54*白:49
*革:97*調理:60*錬金:57*裁縫:53*彫金:40
*木工:39*鍛冶:36*骨: 4*釣り:35
| トレジャーハント | 20:08 | comments(3) | trackbacks(0)

シロッコククリを巡る戦いの記録。

こんにちは、Chiloloです。

今日は結構前、11月の上旬頃のお話です。
ちょっと時間を空けたのは、そのネタがNMドロップなアイテム取りだったためです。



シーフが欲しいナイフ、といえば?
レリックであるマンダウを除くとすると、当然一番はブラオじゃないでしょうか?
なにせマンダウを除けば最強の短剣、しかも入手性は割と容易なのですからみんな欲しいわけです。

最近だと競売にも十分に出回り、欲しい人はあらかた手に入れたのか、はたまた物価が底値になったと言われている影響か、割と入手しやすいお値段で手にはいるようになりました。
#とはいえブラオの会を辞める気はありませんけど。

その次に良い短剣といえば、やはり「シロッコククリ」でしょうか。
#個人的には気休めとはいえ「盗賊のナイフ」も捨てがたいけど。

そんなわけで、今回はシロッコククリを巡る戦いを振り返ります。



ことの始まりはこんな感じでした。

なにかの用事、チョコボの面倒を見に行ったのかなにか忘れましたが、その用事が終わりその日はもう休もうと思ったときのことでした。友だちのちなちゃんからtellで「シロッコのNMいたー」とのこと。

な、なんだってー!!

このシロッコのNM、Kreutzetという名前のNMですが、こいつは9-12時間間隔で抽選、天候:風の日にのみ現れる(9-12時間の範囲だと現れない場合もある、12時間過ぎたら次の天候:風で確定pop)、という非常に出現条件の厳しいNM。

当然、まだ未熟とはいえシーフを割と好んでやっているわたしとしても是非倒したいNMなわけです。
とりあえずすでに戦闘中とのことなので戦闘が終わった時間を教えてもらいました。
ちなみにシロッコククリは100%ドロップではないのですが、このときはドロップしたそうです。強運ですねぇ。

ってことでpop時間を知ってしまったわたし。

「これは・・・、やってやるぜー!!」

と息巻き、そのpop時間まで休憩をして情報集めをしつつ英気を養います。



やがてその時間が訪れます。
なんとこの抽選開始時間は早朝ですよ、早朝。

ってことで援軍(フレ)もなく、一人pop時間を見張りに行きます。

抽選開始から1時間、2時間と時間が過ぎていきます。この間天候:風になったのは3回だけ。
そうこうしていると一人のanonの赤魔道士が現れました。

こ、これはまずい!

と、イヤでも緊張感が走ります。
そしてここから3時間を過ぎても天候:風になることはありませんでした。
つまり次の天候:風で確定popするわけです。

「もう眠い・・・」

と思ってると風に!そして目の前にpopしました。

「ソロでなんとかなるのかぁ・・・?」

と思いつつもスロウで釣ってみます。









・・・あえなく撃沈。
なんというか、自分の実力じゃソロはムリ!

消えた時間を確認したので一時休憩。次のpop時間を待ちます。



次のpop時間間近になりログイン。
今度もあのanonの赤魔道士さんがいました。
pop時間がきても全く動かなかったのですが、時間確認のためにログインしているのかも知れません。わたしもこのときは一人。釣りの勝ち負け云々の前に戦闘にすらならないので祈る気持ちでフレリストを見ると、Qさんがログインしてるじゃないですか!Qさんはミスラのシーフで、シロッコが欲しい一人です。ドロップしたときのことを考えてできればシロッコなんていらない、って人を呼びたかったのですが、ここは2本取る気でやってやるー、とQさんに助っ人を依頼します。

そして2人になりいよいよ抽選開始。

ホントいいからシロッコ出せと言いたい!

Qさんはシ/忍、わたしは赤/忍です。
わたしはサポ白でもいいのですが(あとで変えた)このときはソロでタイマンやって、この場でログアウトしていたのでサポ忍のままだったのです。

弱体と、ヘイストをしておけばかなり安定して戦えました。
そこらはQさんの上手さもありますけど・・・。結構素で回避していたようで、空蝉壱で回せてたのこと。
危険なWSは「ギガスクリーム」。これは3回連発で来るので、バインドをして離れます。

弱体でいうと、スロウ、パライズ、ブライン、グラビデ、バインドは○、スリプルは×でした。

で、グラビデとバインドで距離を置きますが、WSが打ち終わるわけではないのでわたしが、空蝉(サポ白時はブリンク)とストンスキン、ファランクスをかけてわざとWSをもらいに行きます。
致命傷はもらわないので再度離れ、強化をかけ直し突撃、と繰り返してギガスクリームに対処します。

この他のWSは相手じゃないので楽勝です。
ちなみに、SSではサポ忍者なので削りに参加してますがrepでみるとさほど削れてませんでした。
以後はサポ白でサポートに専念しています。

無事倒せましたがドロップはなし。あんまりだ・・・。



1戦目、ソロで撃沈。
2戦目、釣り勝ちでドロップなし(上の記事)。
3戦目、釣り負けするも別のパーティーが全滅しわたしたちが倒す、ドロップなし。

ときて4戦目のこと。
3戦目からライバルパーティーが現れました。
そして4戦目はさらに、そのパーティーと、別団体海外のHNMLSの一団がやってきました。

取り合いが激化しましたが、なんと釣り勝ち。

途中でコカトリスに見つかりましたが落ち着いて眠らせ戦闘。

ところが、こんなリンク処理はどうってことないのですが・・・。
そのコカトリスが黄色ネームになった瞬間、海外HNMLSの一団にディアを撃ち込まれました。
こうなると眠らせられないのでエリアチェンジしようとしましたが、ここで一番の大技ギガスクリームが炸裂。
ケアルしないとダメだ、バインドだ、とやってるうちにコカトリスに殺されました。

ってことで最終的にはそのLSに取られてしまいました。

いやー、思い出すだけで腹が立つ事件です。
ですがこちらも未熟というかこういう場面に慣れてないなぁとも思います。

寝かせて強化終わったらすぐエリアチェンジしてればこうはならなかったわけです。
ホント悔しいなぁ。

ここで翌日は裏の開催とpop時間がかぶるため、わたしたちの戦いは一時終了となります。
その後取りに行ってないけどねヽ(´ー`)ノ

いつかシロッコを手に入れたら全部書こうと思ってたネタなのですが、行く目処も全くないので記事にしちゃいました。

しかしドロップ渋いですねぇ。もうやりたくないなぁってのが正直ですがいずれは・・・。

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:68*シ:67*狩:54*白:49
*革:96*調理:60*錬金:57*裁縫:53*木工:39
*鍛冶:36*彫金:27*骨: 4*釣り:35
| トレジャーハント | 19:38 | comments(3) | trackbacks(0)
 | 1/12P | >>
Taru-f/F5a
* CALENDAR
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.