Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

vsProto-Ultima、2回目。

こんにちわ、Chiloloです。

今週の団体リンバスはアルテマをやってきました。
2回目になります。
もっとアルテマやりてぇなぁーヽ(;´д`)ノ

ってこの感想の詳細はラストに。




ってことで今週はアルテマ戦に行ってきました。
構成は、

ナナ白黒赤吟 忍竜シ白黒赤 狩黒黒黒黒

#2006-06-25、構成の記憶違いを修正。

前回はお試しでフリーロットだったのですが、今回から各々希望を決めることに。

希望は、
・ナシラ+ホマム
・ホマム+ホマム
・ナシラ+古銭?
のいずれかで希望できます。わたしはナシラ+ホマムの予定。

で、ナシラは前々から欲しい欲しいと言っているナシラクラッコー(足装備)を希望です。

ナシラクラッコー Rare Ex 防13 精霊魔法スキル+5 召喚魔法スキル+5 魔法命中+2 ヘイスト+1% Lv75〜 白黒赤召

これ、神々しいほどです、ごくり(笑)


ナイトさんは一人がサポ忍、一人がサポ戦です。
サポ忍がメイン盾、サポ戦がサブのサブ盾。緊急時に活躍のはずです。
サブ盾が忍者さん。
ナ/忍>忍者>ナ/戦という盾優先順位なのですが、どうも伝わっていないようでした。
詳細は戦闘の箇所にて。

黒はいつものように、スタン回しです。あとはスリップ系の弱体各種。
バイオ、バーン、チョーク、ショック、さらに赤魔道士がポイズン2です。
サポは状態回復の補助もできるようにみんなサポ白です。

で赤はサポ暗。終盤は連続魔スタンが光る予定です。

ちょっとアルテマをおさらいすると、
○Proto-Ultima
色々技を使うけど、注意すべき技をピックアップ。
・ディシペーション(広範囲強化全消し+テラー)
中盤から
・ホーリーII(単体光魔法ダメージ最大1100前後)
後半戦から
・アーマーバスター(物理範囲ダメージ600〜750+ヘヴィ・空蝉貫通)
・シタデルバスター(範囲最大2600ダメージ・30秒カウント後発動)

こんな感じです。


●戦闘開始!

序盤はアタッカー陣が、昏睡(黙想)でためたTPでスピリッツウィズインを撃ち込み開始。

以降はスタン回し、弱体、ドレイン、アスピル。
と、今回はなるべくヘイトを掴まないように慎重に行きました。
#死なない、は個人的な目標でした。

あ、そうそう。
アルテマは中盤からホーリーIIを使います。よってMP持ちです。
アスピルでどんどんとMPをいただきましょう。

序盤戦は非常に優勢に、このまま勝ってしまう?と思うほど順調に進みました。

赤魔道士のスタンは相手のWS後にカウンター気味に入れてました。
これで回復の時間を稼ぐわけです。これがうまくはまっていたのかも知れません。

アルテマ戦、序盤。

しかし、ディシペーションを使われたあたりから微妙に戦局が変わります。

テラーの効果時間が長く、また範囲が異様に広い、単純に言うとPCがギリギリ魔法の届く範囲くらいまで届くので前衛後衛ほぼみんな喰らいました。
そしてほぼ同時に中盤モードに移行し、アルテマがホーリーIIを撃ちます。

ここでメイン盾のナ/忍のRさんが死亡。

強化消されたところに来ると、HPがどんなに多くてもホーリーIIで900〜1000ダメージ、通常攻撃300〜400ダメージが2発、これでほぼ昇天してしまいますね。

今回これで思った後衛の動きですが、

・魔法を撃つ時だけ届く範囲に入る、撃ったら範囲外に出る

とやるともっと安定していたかも知れません。


さて、メイン盾が倒れたら盾は忍者になるはずでしたが、ここで不意だまがナ/戦さんに炸裂した模様。
この辺から長く、辛い耐える時間となります。

スタンを撃つと次々と引き寄せれられます。
わたしの場合、引き寄せされると、引き寄せ>通常殴り>WSで昇天する場合がほとんどです。
で、今回もそうでした。

やはりヘイトをがっちりと持っていた盾が倒れると戦闘はきつくなりますね。

しかし、忍者さんとナ/戦さんで耐え切り、ナ/忍さん復帰。
#実際復帰まで相当危うかったのですが・・・。
わたしは死亡>復帰>死亡>復帰・・・といった感じ。大体復帰してスタン2回やると死にましたね(笑)

この間にアタッカー陣ががんばって削り、局面は最終モードへ。


シタデルが始まると、その局面で一番ヘイトを持っている人が確実に死にます。
つまり、なにをやってもヘイトを持ってしまうことになるのです。

わたしはこそこそと隠れていましたが(笑)
しかし、スタン、あるいはドレイン、アスピル、これだけでもヘイトを持ってしまうのでなかなか難しいところです。

シタデルは、開始から発動までが30秒、このあと70秒間シタデルはしません。
70秒後にシタデル再発動になるので、100秒サイクルで動いていることになります。

70秒間でどのくらい削れるかが勝負になりますが、ここでマナスクリーンやエナジースクリーンを使用してくるので、どのアタッカーが有効かは見極めが必要です。

残りわずかでマナスクリーンをしてきたので、そこは一旦黒部隊は引きます。
で、シタデル後、赤魔道士が連続魔スタン、そこを泉等使って一気に攻撃します。

アルテマに勝利!

ってことで無事に勝利しました。いや、相当危うい場面もありましたが・・・。

・リレイズ消されて復帰できない場面があるので、素早くリレイズかけれるようにしとくといいかも

装備を変えたら、なにもしていない時間に戻しておくのも方法かも知れません。
実際のところは白魔道士さんがうまくやっていたので大事には至ってませんけど。

消された直後に死ぬこともあるので難しいですけどねぇ。
ただ、安定して・・・となると死んだ後のリカバリーが鍵のように思いました。

アルテマ戦利品

で、ドロップがなんと尾が2つ!
ナシラクラッコーが2個ですよ、奥様!!

今回希望者が3人。高確率でゲットできるじゃないですか!!





ええ、一人負けたのがわたしです・・・(´;ω;`)

次出たら・・・っていつだよー、うわーん!

参考過去記事:1回目

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:67*シ:61*白:49*狩:18
*革:95*調理:60*錬金:57*裁縫:53*木工:39
*鍛冶:35*彫金:27*骨: 4*釣り:35
| リンバス部 | 18:36 | comments(3) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 18:36 | - | -
コメント
これは素晴らしいドロップですな(゚д゚)
この前は頭と足が出ましたが頭誰もロットしませんでした...w

アルテマに勝つためのコツは基本スリップを切らさない
事ですかね。まぁ要は土竜と同じなわけです(´ω`)
アルテマは到達するまで8箇所ありますから長いですよねぇ
| 裏暗 | 2006/06/25 6:24 AM |
いやー、焦りましたね。指示が「やばいやばいやばいやばい」
とかになるぐらいテンパってました…w
前回は序盤忍者がメイン盾でやはりヘイトバランスが難しかったので、今回は最初からナ/忍だったのだけど、安定しすぎて
ディシペーションに備えてなかったのが痛かったですな。

クラッコー残念だったけど、次出たら確実なので安心ですねw
オメガでチップがいい具合に出たので、次回のアルテマは
1ヶ月後にやれそうですよ♪

それと、ろんにのジョブはシ/侍ですにゃ。
サポで黙想使ってるのですにゃん。
ホーリー兇覆匹蓮▲屮螢鵐バンド使って避けているのです。

| アヤコ | 2006/06/25 6:55 AM |
>裏暗さん
ですねぇー。前回はスリップがとどめさしてしまってました(笑)
持久パート(崩れかけ)で立て直している間に確実に削れるのは大きいですねぇ。
わたしが少人数でやってるのが、まかり間違ってチップ取れたら
それも提供していく予定なので、少し回転上がればいいのですが・・・。
突入箇所が限られているしなぁ・・・(笑)

>あやこさん
ホントやばかったですねー。
具体的にどの辺がどう悪いというより、序盤順調すぎた分気が抜けてた感じでしょうかね。
クラッコーの件は、まあ運だしねぇ。ただ2/3で負けるほど運がわるいと思うといじけますね(笑)

ジョブは修正しておきまーす。
蝉使わずブリンクバンド?
| Chilolo | 2006/06/25 7:51 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Taru-f/F5a
* CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.