Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

雑記。言葉の難しさと考え方の違い。

こんにちわ、Chiloloです。

暑いですねぇ。わたしもPCも熱に滅法弱いです(笑)
ってことで土曜日はバテて倒れてたので日曜日更新はなしでした。


今日1つ目のエントリーは、とろけてきた頭で最近思ったことを書きます。

人の話を「ああそういう人もいるのねぇ」と簡単に受け流せない、自分が絶対だと信じてる方にはつまらない話ですので折りたたみますね。





以下は最近思ったこと。つまらない話です。
つまんない話はいらなーいと思った方は読み飛ばし推奨です。



先に一つだけ言っておくとこれはわたしの考え方であって、それを誰かに押し付けたりとかそういうつもりはないってことをご理解ください。
でもこうしてエントリーにして思いっきり自分の意見を誰かに聞いて欲しい、そんな気分で書くエントリーです。
ちなみにわたしは以下にあるような自分論を振りかざすのは好きじゃないし、そういう記事は基本的に読みません。でもちょっと心からはみ出てしまったので書いちゃいました。お目汚しです、ホントに。


わたしは誰が言ったか知りませんけど、「人が二人いると必ず争いが起きる」って言葉を信じてます。
逆にいうと一人で言い争いとかできないので当たり前なんですけど、一人一人の考え方はそれぞれ違うものだし、お互いの全てを理解するなんて不可能って意味だと記憶しています。

でも、お互い自分を伝える手段ってあるんですよね。それが言葉だと思います。

でも言葉もまたクセモノで、ときに誤解を呼び無用な争いになったりもします。
言葉って難しい。



先日の裏での話。

裏ジュノに行ってきたのですが、今日の編成は色々あっていつもと結構違いました。
一番の違いは黒パーティーが2班あるのですが、片方は石像殲滅、片方は十人殲滅サポートを受け持ってます。
この役割を初めて逆にしてやってみたのです。

これがまた、色々問題が噴出しまして結局途中でいつものパターンに戻したのですが・・・。

誰かが見かねて、ここはこうするべきだ!と意見すればこうやってるじゃないか!
とまあ押し問答というか、責任の擦り付け合いというか・・・。

裏は普通のエリアに比べて人が密集している分重い、チャットに不便を感じる、言葉が足りなくなる、あげく暴言になるという悪循環。
別要因として、感覚的に動く人と確認しながら動く人がぶつかってしまったため、意思疎通ができなかったというのがありました。

一人は確認できるまで準備がいいのか聞くわけですが、片方は何も言わなかったらokってことだ、とこういうことだったように見えます。

一言でつまらないまとめ方をしてしまうと、人それぞれの考え方だからしょうがない、そういうお話。

まだ綺麗な部分だけピックアップしてますけど、ちょっと聞くに堪えない部分も色々ありました。

こういう風にやってよ、やってるじゃないか、って言い方も、
こういう風にやってみない?、やってるつもりw、とかちょっと変えるだけで印象が全然違うんですけどねぇ。



わたしもこうやって趣味でブログなんてやってますが、読むのも大好きです。
当然いつもの巡回先のようなものもありまして、いつものようにそこを見に行くわけです。

すると、なんだかいつもより荒れてるご様子。

思わず書き込みしてしまったのですが、色々と思うわけです。

たとえば、わたしも時々repを使ってこうですとか、戦士に比べると命中イマイチだなぁととかいうわけです。
わたしは戦/忍Aとかそういう名前にしてます。

これって同じパーティーの人なら誰か特定できるかも知れません。

さてこれって俗に言う「晒し行為」でしょうか?

晒しだって思う人もいるかも知れません。でも、わたしはそこまで考慮してません。

正直にいうとね、戦Aでも分かる人には分かるってのはそうだけど、
周りは自分が思ってるほどあなたに注目してませんよ、って思うのです。
ちょっと毒っぽい発言ですね。でもそうだと思いますよ?

これをどう考えるかは人それぞれです。
もし自分が誰かブログを書いてる人とパーティー組んで、自分のことが記事に出てるかな?と思うとワクワクすると思うし、そこでrepが出てて自分のダメージ貢献度がすごく低い、それについて色々記事になってたら傷つくとは思います。
でも例えばそれが、こういうジョブはこういう動きがあるといいな、って書かれてたとしたらそれはアドバイスだ!って思う人もいるわけです。

またつまらない言い方すると、人それぞれなんです。


大体どこの話をしてるのか察した方もいると思います。
わたしはこの「人それぞれ」って有り方を少し大事に考えたいなと思うのです。

上の例えだと、非難されたと傷つく人もいるかも知れません。
だったら、あなたには言葉があるんだから、こういう理由でこう書かれるとショックでした、といえばいいと思うんです。
もちろんそれが言えない人もいることは分かってますけどね。

こういう人もいます。
その記事をみて真っ先に中傷だ!と叫ぶ人です。
それはいいです、その人がそう思ったのだから。
でブログを書いた人がそういうつもりじゃなくて、こうなんです。って説明しました。
ああ、そうなんだで良くないですか?

これをね頑なに拒んで、オレの考え方はそうじゃない、だからお前が悪いって本当にそう言えますか?

ああ、ごめんなさい。ちょっとエキサイトしてきました・・・(笑)

でね、そこでは後から後からわたしもそう思う、こんな不愉快な文章は見たことない、とこうですよ。なんだろ、小学生のいじめかと思いました。
ええ、こう思うのも人それぞれなんですよ。

数の暴力性ってのがわたしは好きじゃないのです。
好きじゃないって言い方はトゲがないけど、わたしはそれがキライですって書くとトゲがありますよね?漢字で嫌いです、って書くともっときつく見えるし、これが好きな人は「な、なんだ、わたしの好きな○○を否定するのか!」ってなるのです。言葉って面白い。
それはおいといて。

例えば、一つの意見Aがある、そして対立する意見Bがあるとします。
ある人がBに賛同しました。
民主主義的にいえばBが過半数だからBの意見を採用しようってことになります。

だけどね、これがブログの是非に当てはまりますか、ってわたしは思うのです。
つまりBが多いからといってAの意見を淘汰できない状況だと思うのです。
じゃあどうするかというとお互い考えましょうで終わりです。
Aの意見の人はBの意見を言った人のことを考えてあげればいいし、Bの意見を言った人はAの意見を言った人のことを考えてあげればいい。ホントそれだけだと思うのですよ。


人それぞれ、だからこそ、人を思う。


なんでそれができないのかなぁ・・・、そんなにご自身に自信がおありか?と思ってしまうわたしでした。



わたしが思ったことをちょっと書きます。
わたしは個人のブログで個人がどう感想を書こうとその人の好きにすればいいと思ってます。
たとえば、この記事では支援のし甲斐について触れてますが、それが本人の感じた実際の本音なのだからそれで良くないですか?
僕は稼ぎも構成も気にしないなら、ご自身がそれで楽しめばよいと思うのです。
考えてみて欲しいのは、MMOって一通りの答えがないものだと思うのです。
○○さんのようにレベル上げでテンポ良く稼ぎたい人もいれば、のんびりやりたい人もいる、ただそれだけのことじゃないでしょうか?
そういう違いを受け入れられずに、誹謗中傷だとか不愉快だとか言うのはどうかと思います。体裁だけ繕って、楽しい楽しいだけ書いてるブログに価値を見出さない人間もいるかも知れません。そしてその人たちはそういうブログを不愉快に思ってるかも知れません。そういうことでしょう?
考え方の違いだけで、一個人のブログ自体を否定するような言い方はあまりに酷いと思うので書かせていただきました。

最後に、わたしがそのブログに書かせてもらったコメント。

トゲがありますね、反省。
他人が見るからその人の批判はしない、のもある種争わないための防衛線だと思うし、それが批判ではなく個人の感想だからと言われれば、ああそうかぁとも思います。言葉は難しいですね。
その言葉で傷つく人のことを考えろともいいます。じゃあそんなつもりではないと説明している本人の気持ちを考えてその言葉をぶつけてるのかと考えてみて欲しいのです。人を傷つけるなといいつつ暴力的な言い方をするのは大きな矛盾だと思うのです。

たしかにMMOは一人で作る世界ではないし、ブログも多くの人の目に触れます。
一人で作る世界じゃないから記事にできないのであればブログとは一体なんなのでしょうか?
誰でも見れるから口を慎まなければならないのならば、わたしたちの本音はどこに向かえばいいのでしょうか?
奇麗事をいうだけの人もいれば、本音を話す人もいる。この人たちがMMOという架空世界で共存できなくて、ブログではお互いを否定しあう。これでいいのでしょうか?

ゲームの中くらいは、みんな楽しいだけで過ごせたらいいのになぁと思ってるのですが、他を否定することで自己のアピールをする人もいるので無理なんですね。なんか色々と悲しくなりました。

わたしの大好きなブログなので気にせずに続けてくれると嬉しいなと思ってます。
もう感情的になりすぎてちゃんとした文章になりませんでした・・・。乱文失礼しました。
| その他 | 12:48 | comments(2) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 12:48 | - | -
コメント
暑さはほんとダメですね。うちのPCも急に落ちたり
とかかなーりやばめです。(´・ω・`)

興味深く読ませて頂きましたが、リアルであれMMOで
あれ、人間は仲良くも出来るし対立もしますね。
言葉は必要ですが、対話が出来るだけの知恵と、対話
するための心をコントロールする能力も必要かと。

私は表現がきつい人なので敵をいっぱい作ってますが、
きつく言わないと分からない人がいるのも事実なんですよね。
単純にログが見切れてないのか、見ても理解出来てないのか
判断が難しいのですが。やんわり言うと屁理屈で返されたり、
なめられる事もあります。人間て自分基準でしか物事判断
しようがないのですが、それが他人にとっても同じって事は
そうそうなくて、そういう部分でぶつかるわけですね。
そこでぶつかった時に対話が必要なワケですが、その対話
能力というもの自体欠けてる人が多いんじゃないかなと。
ちょっと指摘されたら顔を真っ赤にして反論したり、自分の
非を棚に上げて相手を罵り始めたり、某国家じゃありませんけどね...

BLOG叩き流行ってますが(本当にどうしようもないBLOGも
ありますがね...)、常識的に見ておかしな事書いてあった
ら、当事者以外からもコメントが付くんですよね普通。
叩きたい人間は論旨がどうなのかではなく、文章の一部だけ
抜き出してそこだけ叩くわけです。いじめ、とおっしゃって
ますが全くその通りで、面白半分の人間もいれば、"書かれる
と都合が悪い事を書かれた"為に報復でやってる人もいます。
必死で難癖をつける人間は概して後者でしょう。匿名だろう
とそうでなかろうと、すぐ分かってしまう事なんですがね。
日本人の悪いところって言いますか、赤信号皆で渡れば怖く
ない的な事だと思います。

私は自分が間違った事を言っていないという自信と、理由の
裏づけがあれば恐れる事ないんじゃない?て思いますけどね。
| 裏暗 | 2006/08/07 5:08 PM |
>裏暗さん
>人間て自分基準でしか物事判断しようがないのですが、それが他人にとっても同じって事はそうそうなくて
ですねー、ここでお互い譲らないとかだと対話以前の問題ですね(笑)
なんというか、よくある風景なので目に浮かびます。

>BLOG叩き流行ってますが・・・
これも多数で難癖だけつけて、当人の主張は聞かないとかばかりですからねぇ。
炎上するサイトはそれなりの問題があるとは思うのですが、叩くほうが数いれば怖いだろう、聞く耳なんてもたない、お前の仲間も叩くぞと脅すなど、到底知性ある人間がやってることとは思えない。まあ、いじめですよね。

こういう話をすると、昔某サイトの方が「2chなんてなくなればいいのに」と何度も言っていたことを思い出します。
今のネットは現実よりよっぽど性質が悪いなぁ・・・と思うこともしばしばです。
それでもネット依存症ですけど!(笑)
| Chilolo | 2006/08/08 12:11 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Taru-f/F5a
* CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.