Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

三国ENM、その45。ゆずり合い精神と転がる死体。

こんにちわ、Chiloloです。

今週もいつももの三国ENMに行ってきました。



前回は久々にピアスが出ました。
今週も気合入れてがんばりますよーっ!
#とはいえ先週でたから今週はないな・・・と思ってる(笑)

今週はいつものメンバーが4人、侍コ青。
いつものメンバーといいつつ毎回ジョブが違うのはやりたいことやってるからです。
今回はシャウトで戦士or忍者、白魔道士を1名ずつ募集。

ほどなく戦士さんが決まり、あとは白魔道士さんとなりました。
白魔道士さんからtellがきて決定。サポは黒が割れてるので青という「白はやってませんけど経験値欲しい」ってのがひしひしと伝わってくる感じでした(笑)
こちらとしては白魔道士がいれば万が一のときレイズできる!という大きなメリットがあるので、間違って「レイズ覚えてない;;」ってことがなければ大歓迎なのです。
#最近テレポルテがないという白魔道士さん(レベル60↑)に会ったので、そういう人もいるかも知れない!とふと思ったw

この白魔道士さんがレベル32。テレポがない・・・。
青魔道士さんはサポ白なのですがまだレベル70前なのでサポテレポもなし。
困った困った、わたしが吟で出るか?いやいや赤で行こうか?などと話し合った結果、
構成:戦侍狩青白、となりました。

サポまで書くと、
戦/忍、侍/戦、狩/、狩/忍、青/白、白/青です。

わたしはまだ狩人レベル53なのでサポ白にしてもテレポはありません。
コルセアで参加希望だったQさんが狩人レベル73で、コルセアからさほど装備を変えなくても参加できるという準備の早さからこういう編成になりました。ただし、狩/白の武器はコルセアで使ってる銃です。

狩人のテレポで移動、という今まで味わったことのない不思議な感じでデムへ。

○プロミヴォン-デム

一番空いていたところから、と選んだのですが先行しているパーティーが1パーティー。
これでも他より少ないのでこの日の三国ENMはすごく混んでいるようです。
先行しているところがあると、楽なところは先にやられてる、という印象があります。
実際にそういう場面が多いです。やや遠い、遠いところでハズレが出ると、さらに遠くに行かなきゃいけない、と考えるだけでめんどくさいのですがこの日はすんなりと突破。あっと言う間にボスへ。

白魔道士さんがPMデムだけ未クリアだそうで、良かったらPMもやれないか?と聞いてきましたがさすがに丁重にお断りさせていただきました。
できれば手伝ってあげたいんですけどね。今日は編成的に苦しいなぁと判断。

で、この白魔道士さんがデム5だから6連敗してるらしくデムボスがイヤでしょうがないらしいんです。
毎度簡単にボスを説明してから入るのですが、デムの場合は

「デムはブラポンですよー、範囲麻痺ですよー、いきまーっす」

とこの程度なので、困惑する白魔道士さん(笑)
いやいや、弱いから大丈夫といって中へ。

デムボス撃破の後

「こ、こんなに弱いの?」
と驚く白魔道士さん。ENMは弱いからねぇ、PMは強いよ、と間違ってもこの勢いでPMへ・・・とならないように釘刺し。

ドロップはいつも通り残夢。続いてホラへ。


○プロミヴォン-ホラ

プロミヴォン-ホラでは前回ご一緒した友だちの団体と全く同じタイミングで突入。
お互いけん制しあい、アラを組もうとは言い出さないわたしたち(笑)

そのまま2層目へ。
2層目は南端にしか玉がない状態でした。

「そちらからどーぞ」
「いえいえ、そちらがどーぞどーぞ」

とSayでけん制しあい(笑)
結局向こうがガマンしきれずに先行。先週一緒にやったから向こうが待てない性格なのは把握済みです(笑)

玉手前で絡まれ、1個ずつ・・・みたいな空気に。しかたなく弱いほうをチェックして取ろうとしたら、先に弱いほうだったつよを取られ、こっちはとてとてとやることに・・・。
Sayで紹介できない悪態をついてとりあえず退治。すると向こうはまだ戦闘中。
こちらは狩2いるという火力の違いがはっきり出た場面でした。

最終層では、こちらが絡まれている間に先行されてしまいました。
#わ、ワザとじゃないよ!?(笑)
少なくなったモンスターをぬって塔付近まで行くと、向こうのリーダーの死体が・・・(笑)
なんというか、いつも死んでるなぁ・・・(^-^;

そしてホラボスへ。

ホラボス戦へ

開幕で範囲睡眠をくらい(そして毒飲み忘れてた)、白魔道士さんだけが起きている状態で、不慣れなのかなかなか起こしてもらえない状態でこれは危ないかなぁとか一瞬思いましたが、寝てる間は戦士さんがハイポを使いつつ耐えてくれたおかげで、起きたあとはあっさりと撃破。唯一考えられそうな負けパターンにハマりかけでした。薬品持ってきてくれてて助かりました。
ドロップは残夢でした。そして最後のメアへ。

○プロミヴォン-メア

ここも先行に楽なとこやられきった後な雰囲気でしたが、今日は渦の引きが強く1つもハズレることなく最下層へ。ひさびさに渦に関してはパーフェクトでした。

メアボスはさすがに色々説明します。簡単にいうと
・やばいときはアニマ
・虚ろなる霧がきたら自分で即解毒
・各々の判断でアビも含め全力で攻撃だ!!
とこの3点について。

メアボス、インペールメント喰らった直後かな?

子供の処理は青魔道士さんにお任せできるので、アタッカーはただひたすらに攻撃。
危なげなく倒しました。
インペールメントくらってHP残り6。
ハイポ+3をがぶ飲みしたら終わってたので不完全燃焼ですが(笑)

しかし銃のイーグルは強いですね。
わたしボルトで撃つイーグルが300くらいのダメージなら、銃は500弱くらいでます。
その一撃でほぼ終わりという感じでした。
ピアスはなく残夢でしたが、高値で取引されている「輝かしき記憶の残夢」×2、「忌わしき記憶の残夢」×1と残夢の中では当たりな感じのドロップ。
輝かしき2個ロット勝ちでいただきました。忌わしきも900台だったけど負けちゃった。
とムダな神ロットでした(笑)

このあと各自解散(抜けてってくださいっていう解散方法をこう呼んでます)にしてチャット。
AF打ち直しの話からAFの要塞がめんどくさい話、PSUの話、裏でのグチとか、装備の話やジョブの話と色々。気づけば2時間近く話してました。久しぶりに時間を忘れてチャットしてました。
みんな今日寝坊してなきゃいいけど・・・(笑)

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*召:68*シ:67*狩:54↑*白:49
*革:96*調理:60*錬金:57*裁縫:53*木工:39
*鍛冶:36*彫金:27*骨: 4*釣り:35
| 三国ENM | 13:32 | comments(4) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 13:32 | - | -
コメント
うーん…。ブログ書いてた(すでに過去形)身としてはレスするかちよっと迷うところだけど…テルしようかなとも思ったので
書いちゃいます。

ブログでは「書けないほどの悪態」って書いてあるけど、
ちょっと言い過ぎかなーって知り合いのわたしですら思いました。
ざつさんとどれだけ仲が良いのかしらないけど、
わたしですら「え?」って思ったのでちぉさんを知らない人は…

まぁ仲が良い人がいたので、わざと悪態ついたのだとは思ってますが。

なので最終層は何か言われるのがイヤだったので
わたしがさっさと出発しました。
アラを組みたくないっていうのは概ね同意というか
ものすごく気持ちはわかるんですが
人数足りない時に一緒にやってるぐらいの仲なのに
そこまで嫌がられる理由がわかんないなw

こういう場では一方的な意見しか書けないのは承知なんですが
あえて書きました。
| Ayako | 2006/09/29 5:04 PM |
>Ayakoさん
不快な思いをさせてすいませんでした。

上手くいえないけど、
あの言葉は「親しき仲に礼儀あり」には到底あてはまらないと思います。
でも、その前に絡まれたときにこちらが1匹取りました。
それに対して「よこどりされた」って言われるのはわたしの中では
楽しいやり取りではなくて「親しき仲に礼儀あり」欠けてるな、と思うのです。
その後にああいう形で強いモンスターを押し付けられ、その後のやりとりで
あまりいい気分ではなかった、のでああいう言葉が出てしまいました。

売り言葉に買い言葉が一番悪いと思いますけどね。
| Chilolo | 2006/09/29 6:40 PM |
なるほど。まぁ謝ってもらうほどのことでもないにゃ。
不快とゆーよりなんでかわかんなかったので。

あの場所は1匹間引かないと通りにくいので、後から進めば
「寄生」って言われちゃう場面だから、うちが先行したのですが
たぶん「横取りされた」発言の人は
『「しょうがないから」とってやるか』っていうブラックなSayに対して、
ブラックジョークで返したんだと思うのだけど…
それをジョークで受け取れないなら最初から言わない方が…
とか思ったり。(取ってもらうほどの敵ではないしね)

親しき仲にも…と言うならば、仕方ないから取ってやると言われて、うちは素直に「取ってくれてありがとう」って返すべきって
ことよね…?w そうだとしたらちょっと無理かとw

気分が良くなかったとのことなんでその後のことはしょうがないかな
とも思うけど、うちは2匹ともやるつもりで片方は(とてとての方)
は寝かせたから押しつけたつもりは無かったんだけどね…

総じて、うちが寄生でちぉさんとこが寄生されているって意識が
あって、それの表れのような気がするんだけど…。

まぁなんとゆーかつまんないことでお互いイヤな思いして欲しくないんですよね。
これからもENMでかち合う事多いだろうし、会ったら仲良く
一緒に進む位のほうが精神衛生上よいんじゃないかと思った一幕でした。














| Ayako | 2006/09/29 8:38 PM |
>Ayakoさん
わたし自身言い訳にしかならないなぁと思いながらも、
今までの失敗から自分のその時の心理くらいは説明しようと思ったのですが
それも気に入らなかったみたいですね・・・。すいません。

相当不快だったようなので、ごめんなさい、と最後に付け加えさせてください。
| Chilolo | 2006/09/29 9:02 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://chilolo.jugem.cc/trackback/581
トラックバック
Taru-f/F5a
* CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< December 2019 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.