Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

「喜ばしきもの」。

物事には、多かれ少なかれ因縁というものがある、とわたしは思うのだ。

たとえば、今わたしと親しくしてくれている友人たちとわたしの間には何らかの因縁があるのでは、と思う。全くソリが合わない人ともそうだろう。ソリが合わない因縁があるから、と考えるのだ。
そして、それは何も人と人の間に限った話ではない。人と物、あるいは人とモンスターにも少なからず因縁というものがあると思うだ。



わたしにとって、縁がないものというのもたくさんある。
たとえば・・・。そうだ、ムバルポロス旧市街にギャンブルをするゴブリンがいるのをご存じだろうか?
賭けに勝つとムバルポロスの奥に飛ばしてくれるゴブリンだ。

わたしとあいつの関係はトコトン悪い。
ある日などあいつに十数万ギルをむしり取られ、その上移動費だといってさらにギルを取られた。
正直いってわたしはああいう輩は嫌いだ。足元を見る、というのはああいう輩のことをいうのだ。
しかもそのあと奥にあるバトルフィールドでこっぴどい目にあったのだ。もう2度とあそこに行くことはないだろう。

そういうものがノートリアスモンスターにもあるとわたしは思っている。
西サルタバルタにTom Tit Tatというマンドラゴラのノートリアスモンスターがいることをご存じだろうか?
わたしはたまたま通りがかっただけであいつに10回近く遭遇している。
もちろん、縁とはまた違った理由で出会うことのないノートリアスモンスターも存在する。
竜のねぐらにいるFafnirやNidhoggといったモンスターがそれだろう。
会おうと思えば会えるのだろうが、あいつを倒すための仲間がわたしにはない。
そういった理由で会う必要がないモンスターだ。

しかしどんなに会いたい、いや倒したいと望んでも倒せない、そしてお目にかかれないアイテムが存在する。
そこにわたしは目に見えない力、ここでいう因縁というものを感じざる得ないのだ。



わたしはある日、友人からとある連絡を受けた。
それは、ノートリアスモンスター討伐の報であった。
わたしは素直に彼に賛辞の言葉を贈った。
そしてそこで、わたしはそのノートリアスモンスターの正確な討伐時間を知ることになった。

ノートリアスモンスターと出会う上で重要なことの一つは時間だ。
もちろん偶然に出会うこともあるが、時間を知っていれば次に現れるタイミングを計ることができるのだ。これほど重要な情報はないだろう。

わたしは、半ば諦めていたそいつを倒すべく準備を進め数日を過ごした。

親しい友人にその旨を話し助力を要請した。
そいつはわたし一人では到底倒すことのできない相手なのだ。
わたしは正直にいうと、自分の都合で人を集め、こういったことを協力してもらう、という行為が酷くニガテだ。
世界は一人でできないことが溢れ、こういった小さい協力関係こそ大きなそして大切な要素だというのは理解している。だけどそのことで仲間の大切な時間を奪うことが、どこか許せないのだった。

しかし、今回ばかりはそれを押し潰してお願いをした。
はっきりいってしまうと、重要な情報である時間を知ったことでわたしは欲が出てしまったのだ。

そして、その日から約8日ほどが経過した。
情報が確かであるならそのモンスターはそろそろ姿を現すはず・・・だった。
しかし一向にその姿を見せない。
疲労困憊だったわたしたちは一度その場を解散することになった。
こればかりは仕方がない。なによりわたし一人の力ではどうすることもできないのだから。

わたしはこの場にとどまり、次に討伐される日にちを観測することにした。
仲間と別れ一息ついた・・・、そのとき!

目の前にはそのノートリアスモンスターがいた・・・。


わたしはこのときほど大きな因縁を感じたことはなかった。

また・・・、まただ・・・。

そう。わたしとこのノートリアスモンスターは縁がない。そういう因縁なのだ。

そこまでは頭では理解できていた。しかし。
一度開いてしまった欲望の扉をわたしには閉じることができなかった。

あと一歩だったんだ・・・。ホントにあと一歩。
その無念さがなお、わたしを諦めたくないとそういう気持ちにさせていた。

それから・・・。わたしはその場にさらに8日間とどまることを決意していた。



8日、9日、10日と経過していた。

8日には現れるはずのそいつは一向に姿を見せない。
前回、そのノートリアスモンスターを討伐させた一行が目の前で黙々とそのときを待っていた。
残念ながらわたしの仲間たちは今この場所にはいない。それどころか連絡すらつかなかった。

11日、12日が経過。
先ほどまで待機していた連中は諦めたのか各々散っていった。
今この場所には、わたしと同じように討伐される時間を調べているのであろう者が数人だけだった。

12日が経過した以上、現れるのは時間の問題だった。
少なくともそれほどまでに遅く現れた、という報告はほとんど聞いたことがなかったからだ。

そんなことを考えていると友人の一人から連絡が入った。
一体そんなところで何をしているのか?と。
わたしは事を簡潔に説明した。するとその友人は来てくれると、さらに手の空いている友人を連れて来てくれる、というのだ。
わたしはその心遣いに感謝した。そしてその場で彼らの到着を待つことにした。

この間に、先に討伐を手伝ってくれた仲間、そして同じリンクシェルを持つ仲間が集まってきてくれた。
総勢6人となったわたしは今か今かとそのときを待った。
実はわたしにも別の都合がありもうすぐこの場を離れざる得なかったのだ。

時間的には、そろそろ戻らなくてはならない・・・。

頼む・・・、わたしの前にその姿を現せ・・・ッ!

そして次の瞬間!そいつは、目の前に、いた!

vs Charybdis

死闘、などではなかった。
わたしのためにこれだけの人が駆けつけてくれたのだ。あっさり勝利して当然だった。

おめでとう!よかったな、と皆がわたしに声をかけてくれた。
わたしは素直に嬉しかった。ありがとう、と言葉を返す。

わたしの手には、青い刀身を持つレイピアが一本。その名は「喜ばしきもの」という意味を持つ。

長い長い時間をかけ、そして仲間たちの力を借りて一つの因縁をようやく断ち切った。わたしにとってそれはそれは、喜ばしい瞬間だった。

ねんがんの ジュワユースを てにいれたぞ!

今日までのChilolo
*赤:75*吟:75*黒:75*シ:71*召:71*狩:54*白:49
*革:100*調理:60*錬金:57*裁縫:53*彫金:41
*木工:39*鍛冶:36*骨: 4*釣り:35
| トレジャーハント | 23:59 | comments(6) | trackbacks(0)

スポンサーサイト

| - | 23:59 | - | -
コメント
ジュワおめでとっ!!!>▽<

そんなに張り込んでたのね。。。・w・`
よくがんばったっ!!!
そしていいお友達がいるじゃまぃかっ!!!ニヤソ

もっとお気楽極楽に声をかけるといいぞ?・w・
少なくともミャはとてもうれしいし(/ω\)
※PS低いから声かかることが。。。ゲフンゲフン



己の欲望の為に、すぐフレを拉致るミャ太郎ですた(/ωΘ\)
| ミャ太郎 | 2007/05/18 10:20 AM |
>みゃさん
その節はありがとうございました(/ω\)

本文の時間については、ヴァナ時間で書いてます。
ってことで実際は8時間待ったとかその程度です(笑)
もっというと放置して出かけてたりしますよ(´―`)

ミャもなんかあったら呼んでちょうだいヽ(´―`)ノ
| Chilolo | 2007/05/20 12:38 AM |
おめでとう^^

時々ココに訪ねてくるけれど、今日は「ぐっ」とキタのでコメント残してしまいましたw

ほんとうに、ほんとに。
おめでとうございます!




・・・時々白門ですれ違っても、緊張して声のかけられないMerbleでしたw(えっ?!ストーカーじゃないって!!!)

| Merble | 2007/05/20 12:43 AM |
 おめでとうございます^^
 ステキな仲間がいるではないですか。
 自分もNMとは愛称が悪いので(笑)
 ジュワは永遠の憧れにおわりそうです。

 NMとは縁があるけど愛称が悪いんですよ。

 昔、南グスタベルグで黒ソロ上げ中(Lv8)のとき、友達と会って道端で立ち話をしていたら、いきなり背後からトカゲに教われました。

 あそこのトカゲはアクティブじゃないはずだったので、おかしいな、と思ったら「リーピング」・・・Σ(゜Д゜)

 当然Lv8じゃ勝てずw
 友達と二人やられてしまいました。
 張り込んでいた人も多かったですし、その中であんな事故にあうとは、リーピングブーツゲット以上に貴重な体験だったのかもしれません。^^;
| Agury | 2007/05/21 12:21 AM |
わたしはLv71の時に2週間篭ってゲットしました
2週間はもちろんリアルでですw

それに比べれば・・・

ともかくおめでとうです
| Chululu | 2007/05/22 1:04 AM |
>Merbleさん
どうもありがとうございますーヽ(´ー`)ノ

グッときたなんていわれると照れてしまいますが素直に嬉しいです。
わたしも小心者なのでビクビクした反応しか返せませんが
良ければお声をかけてください(笑)

>Aguryさん
フレがいうにはジュワは通い詰める根気があれば取れる、だそうです。
今だとだいぶ取りに来る人も減ってる、とも聞いています。
でも実際取ろうとすると大変ですよね(´Д`;)
多分前もって討伐時間を知らなかったら重い腰は上がらなかったと思います(笑)

低レベルのときに限ってNMに出会う・・・ってのも良くありますね(笑)
そういうとき高レベルジョブに着替えて駆けつけると手遅れだったり・・・。
なかなか難しいものです(´Д`;)

>Chululuさん
2週間・・・(;°ロ°)
一昔前はそんな感じでしたよねぇ。
わたしも張り込みの多さに絶望したり、釣り負けて涙をのんだり
色々ありました・・・(笑)

どうもありがとうございますー!
| Chilolo | 2007/05/22 1:25 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック機能は終了しました。
トラックバック
Taru-f/F5a
* CALENDAR
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< January 2020 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.