Chiloloの旅の手帖〜in FFXI

LeviathanでプレイしているChiloloのFFXI日記サイト

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | -

吟遊詩人の憂鬱、Lv73。

こんにちわ、Chiloloです。

手帖を使い始めてから2度目のバージョンアップです。
前回のバージョンアップのときは全くもって無関心。今回は前より冒険に対する情熱が上がってる感じなので少し楽しみだったりします。

例えばオーブ戦の大量追加とか。

すぐにでも特攻したい気持ちでいっぱいです(笑)

それはさておき、久々に吟遊詩人のレベル上げに行って来ました。
今回のバージョンアップに関する開発だよりの「レベル75以降の経験値で能力値を引き上げられる」ってのに過剰に反応したぐりんがどうしても赤魔道士Lv75をキャップさせたいと言うのでそれのお手伝いです。

正確には有無を言わさず拉致されたんですけどね(´・ω・`)

ともかく吟遊詩人のレベル上げです。

今回の編成はぐりんのLSの白魔道士えりちゃんを加え、ナモモ赤白吟。モンクがお二人なので当然龍王ランペールの墓へ。

到着するとわたしたちを含め全部で4,5パーティーくらいが少ない獲物を取り合う大レース。
それでも犬(Hati)と骨(Spartoi Warrior、Spartoi Sorcerer)のpopする通路にキャンプを張りリンク上等で狩り。
広場にいるゴースト(Lemures)も釣り、みんなががんばって釣ってきてくれるのでサクサクと稼げています。

しばらくするとLSメンバーのぽえがたまたま同じところ、奥の隠し部屋でキャンプをしていて「もう帰るからこっちあくよ」と教えてくれる。
行ってみるも空くのか空かないのかよくわからない状態だったのでその入り口の外側、まさに骨とゴーストがpopする場所に陣取り狩り。

これが破滅への序曲でした。

まず幽霊の思わぬ大ダメージ攻撃にナイトさんが倒れました。
すぐさまえりちゃんがレイズ3をし、しばし衰弱の回復待ち。衰弱回復したところで生命感知に反応した骨が寄ってきてまたナイトさん死亡(つω⊂)

このあと立て直したかに見えました。が、最後の最後に悪夢は再びやってくるのです。

骨を叩いているとゴーストがpop。すぐにララバイで眠らせ骨撃破。ゴーストを叩き始めると今度は骨がpop。すぐさま眠らせますがゴーストがなかなか強くって倒すのに時間がかかっています。するとさらに骨がpop。

この時点で厳しいと判断してソウルボイス発動。

しかし無常にもゴーストを撃破できないままさらに骨がpop。さらに・・・。

「もうむり、テレポして」

「ボイスして」・・・もうしましたよorz

こうして皆無事にテレポで脱出しました。わたしを残して

発動したころにはすでに死んでましたけどね(´・ω・`)
| 吟遊詩人 | 12:16 | comments(2) | trackbacks(0)

炎スレから氷スレ〜思い出話

こんにちわ、Chiloloです。

先日の日記に「炎スレから氷スレをする吟遊詩人」がネタにされててへこんだ話を書きました。詳細は触れなかったのでまずそのお話を・・・。

まだLv65キャップ時代だったかなぁ。限界3が導入されて早々。
ちょうどその直前くらいに、ぐりんの前世キャラをているに紹介してもらった頃だったと思います。

ぐりんの前世キャラは同じLSのお二人と一緒に固定でLv上げしていたんですが、そこにているとわたしがご一緒させてもらったのがそもそもの始まりです。
この5人のジョブは、ナ赤黒黒吟。で、常に黒かあるいは狩さんを誘ってました。精霊でガンガン削るパーティーだったんです。
Lv60は・・・修正される前のまだすごく弱かったボヤーダの樹の黒まんどら(Korrigan
)とかと戦いました。これは数日で修正されていまいましたが(^-^;

その後、通称P芋と呼ばれる芋虫Processionaireを狩っていました。わたしたちがLv61くらいからですね。
ProcessionaireはLv72-75くらい。Lv差が10以上もある相手と戦っていたんです。黒の攻撃力と、それでもターゲットを抑えるだけのナイトのヘイトコントロールがあったからこそできた狩りなんですけどね。

わたしの仕事は、バラードを切らさないように歌うこと、エレジーを入れること、そして弱点のスレノディを入れることでした。
一番大変だったのがスレノディです。Lv差補正がきびしくってCHRをどれだけブーストしても殆ど入らないのが現状でした。

このままじゃ自分は役立たずだなぁ、まずいなぁと苦悩しているときふと歌の属性に目がいきました。

「氷スレって炎属性なのか・・・、じゃあ炎スレを入れれば氷スレが入りやすいのかな?」

これがホント思惑通りで、今まで殆ど入らなかったスレノディがバンバン入るじゃないですか!ばんざーい!

ってわけで「炎スレから氷スレ」には特別な思い入れがあるんですよね。
このあと限界4が導入されてからLv70までもこのメンバーで一緒に行って、Lv65で竜のねぐらに篭ったりと、またLv差の大きい相手と戦っていたのでこの技が大いに役にたったんです。

ただですね・・・、これが普通にやるLv上げじゃ大した意味がないことはわかってるんです(^-^;

でもわたしにはホント思い出深い技なので、ネタにされてるのがショックだったと、そういうお話でした。
| 吟遊詩人 | 11:47 | comments(0) | trackbacks(0)

吟遊詩人のLv上げ。Lv72、その5。

こんにちわ、Chiloloです。

俗に言う、FFXI系の「板」ってあるじゃないですか。簡単に言うとスレッドと呼ばれるある話題に対する書き込みの集合体と言えばいいのでしょうか。もっと簡単に言うなら2chみたいなヤツです。
その中でも雑談を扱ってるものの中に、プレイヤースキル云々って話題があったんです。

これってあんまり役に立たない小技とか、もう使えなくなった技とか、完全に誤報だったり噂だけだった技を引用して「俺ってすごいぞ!」って話をするネタスレなんですけど、その中で気になる一文が・・・。

「こちら氷スレの前に炎スレを入れる吟遊詩人です」

意味なかったのか・・・_| ̄|○

なんでショックを受けてるのかちょっと分かりにくいと思いますが、これについて書くと話が長くなるので後日にしますね(^-^;

閑話休題。
さて、この日もせっせと吟遊詩人のLv上げです。

ナ戦狩黒白吟でロ・メーヴへ。
左の左とか、左の右とかよくわからない暗号を解読せず、みんなにえっほえっほとついていきます。

そういえばちょっと前に狩場のマナーが云々って話を聞きました。
ロ・メーヴは4つ部屋があるから最大で4パーティーまで、4パーティーいたら遠慮するべきとかって。
そういうマナー(?)は初耳でした。

前世か前々世にブリタニアと呼ばれる世界に居たときにいた「トラメラー」って言葉が頭をよぎりました。少し前とは違う考え方の人が増えてくるって言うのは、ヴァナ・ディールも結構歴史が出来てきたってことなのかなぁと思いました。

また話がそれました。

この時は左と呼ばれる場所に3パーティーくらいいたみたいで、ウェポンもゴーレムもすっかりいない状態になってました。それでも何気ない会話が楽しかったり「いないいない」ってみんなで探し回ったりするのが楽しかったりします。ずーっと狩りができない状態だったらイライラしてくるでしょうけど(^-^;

いつもよりは稼げてない感じでしたけど、楽しくパーティーは終了。無事にLv73になりチョコボのマズルカを覚えました!

試しに歌って走り回ってみる。
速い!速い!わたしは風になったんだ!
そういう気分でした(笑)

とりあえず目標のLv73になったし、短剣のWSクエ受けるまではLv上げはお休みかな。
| 吟遊詩人 | 13:16 | comments(0) | trackbacks(0)

吟遊詩人のLv上げ。Lv72、その4。

こんにちわ、Chiloloです。

先日の壷戦での居場所のなさからかなりへこたれそうな吟遊詩人のレベル上げ。
他にやりたいジョブもあるんですが・・・、例えば召喚士とか。でもフェンリルなしじゃパーティーで居場所が無いかなぁとか考えるとやや気力に欠けてしまいます。今一番やりたい赤はせっかくなのでぐりんと上げたいし。

ってわけで今日もしぶしぶ(笑)吟遊詩人です。

レベル上げのサーチコメントに「まったり派(´−`)」とかどうでもいいことを書いてボーっとしてると、ぐりんのLSのひろさんからお誘いがきました。
ナイトのしるさん、戦士のひろさん、白魔道士のすてさんのLS仲間と一緒に、他に狩人さん黒魔道士さんをお誘いしてロ・メーヴに行ってきました。

ロ・メーヴは月の門とかって言うところの奥にいるApocalyptic Weaponという戦士タイプのウェポンとInfernal Weaponと言う赤魔道士タイプのウェポンを狩ります。
赤魔道士タイプは自分にバンバン魔法をかけていてこれを魔法のフィナーレで消していくのですが、さすがに赤魔道士さんのディスペルなしで一人で全部だときついですねぇ。リキャストが長いんで全部消し終わる前に戦闘終わっちゃいます。
消さなくても終わるなら別に問題ないのですが、なんか吟遊詩人として不完全燃焼な感じです(^-^;

うぅーん、ここ数回狩りは竜のねぐらだったんですが・・・、あっちの方が好みだなぁ。正確に言うと蜘蛛の網が嬉しいだけですけど(笑)

でも、誰もロットインしない風のクリスタルをバンバン手に入れて12,000ギルくらいにはなりました(^-^)

ナイトのしるさんは吟遊詩人も上げてるので立ち位置とかすごく歌い分けしやすい位置に立ってくれてすごいやりやすかったです。ありがたや。

で、ようやく残り1/4くらいまで来て終了。
いよいよマズルカ間際!はやく覚えたいなぁ(^-^)
| 吟遊詩人 | 23:41 | comments(0) | trackbacks(0)

吟遊詩人のLv上げ。Lv72、その3。

こんにちわ、Chiloloです。

しかしLv70台って先が長すぎて果てしない道のりに感じますね・・・。
ちょっと前まではフレとLv上げしてたんでそんなに苦でもなかったんですけど、わたしがちょっとログインできない間にしっかり置いていかれたので今日もしょんぼりジュノでレベル上げパーティー参加希望ですよ・・・。コノウラミハラサズニオクベキカ・・・(笑)

忍戦暗白黒吟と言うメンバーが集まり、この日1パーティーと言うガラガラのねぐらに赴きました。

ちょうど着く頃に先着していたパーティーが終了。きました、狩場独占です!



この日は暗黒さんがサポシーフだったんですけど、ものすごい数の「蜘蛛の網」をドロップしていました。サポシ万歳です(笑)
で、この日のわたしのロット運もかなり良く全部で7つ「蜘蛛の網」をゲットしました。

これが1つ5,000ギルで売れ、全部で35,000ギルゲットです('▽')
ねぐら万歳、蜘蛛の網万歳ですよ!(笑)

経験値が稼げたことよりギルがいっぱい入ったことが嬉しかったChiloloなのでした。
| 吟遊詩人 | 11:22 | comments(0) | trackbacks(0)
<< | 2/3P | >>
Taru-f/F5a
* CALENDAR
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< April 2018 >>
* NEW ENTRIES
* CATEGORIES
* ARCHIVES
* RECENT COMMENT
* RECENT TRACKBACK
* PROFILE
Profile
* お知らせ
○リンクについて
リンク・アンリンクフリーです。

○コメントに関する注意点
コメントは認証制です。反映まで若干時間がかかります。
時々変なリンクが張ってあるコメントがきます。だいたい危険リンクです。
踏んで大丈夫か迷ったらソースチェッカーオンラインというサイトがありますので、チェックしてみてください。

* 勝手にLINKS
* BlogPeople
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* RECOMMEND
* ETC.